[PR]

(13日、高校野球滋賀大会 近江8―0膳所)

 「この1年はあっという間だった」と近江(滋賀)のエース・林は即答した。

 昨夏の甲子園、準々決勝の金足農(秋田)で逆転サヨナラ負け。2ランスクイズという幕切れだった。そのグラウンドにいた5人が先発メンバーに名を連ね、近江の夏が再び始まった。

 「林は調子を落としていた」と多賀監督はいう。それでも6回を1安打に抑えた。安打の走者も有馬が二盗を阻止し、各イニングを3人ずつの計18人で抑えるほぼ完璧な内容だった。

 「ストレートの質を高めることを意識してきた。今日は良かったと思う」。バッテリーは口をそろえる。スライダー、チェンジアップを多投せず、直球を主体に9奪三振、無四球。外野に飛んだ打球は、安打も含めて3本だけだった。

 打線は一回に3番住谷の適時打などで先行し、二回は1番土田が右翼席に2点本塁打。昨夏の出場メンバーが躍動し、古豪の膳所を8―0の七回コールドで下した。「自分も含めて調子を落としていたが、これが最後の試練と考えた」と林は言う。「この試練を乗り越えれば、去年以上の成績を残せると信じ、目の前の一戦に集中していきたい」(編集委員・安藤嘉浩