[PR]

 第101回全国高校野球選手権愛知大会で13日、春の選抜大会の覇者・東邦が2回戦で星城と対戦し、3―10の八回コールドで敗退した。選抜大会の優勝投手・石川昂弥が先発。三回に連続適時打で3点を先行したが、石川が星城に3本塁打を浴びるなど打ち込まれ、逆転負けを喫した。

 東邦は三回裏2死から星城の4番河田隆博に2点本塁打を打たれた。続く四回裏には、先頭打者に本塁打を浴びて3―3の同点に追いつかれると、その後4連打を許すなどして崩れ、3―6とリードされた。七回裏にも3点本塁打を浴びて突き放された。

 石川は試合後、「丁寧に投げようとしすぎた。逃げようとして変化球が多くなって、それが甘く入ってしまった。直球で強気に押していけば良かった。高校3年間で2回(選抜大会で)甲子園に出場させてもらい、なかなかできない経験をさせてもらった。いい3年間だった」と話した。