[PR]

 東京五輪の日本代表内定第1号が誕生した。韓国・光州で13日に行われた水泳の世界選手権第2日の男子シンクロ板飛び込み決勝で、寺内健、坂井丞(しょう)(ともにミキハウス)組が8位以内という日本水泳連盟の内定条件をクリアし、代表に内定した。389・43点での7位。飛び込みのシンクロ種目は開催国枠があり、日本勢が五輪に出るのは初めて。

 アーティスティックスイミング(AS)の非五輪種目、ソロのテクニカルルーティン(TR)決勝では、乾友紀子(井村ク)が92・3084点で銅メダルを獲得した。この種目での日本勢のメダル獲得は2007年メルボルン大会で3位になった原田早穂以来12年ぶり。

     ◇

 男子シンクロ板飛び込みの予選を、寺内と坂井は2位で通過した。事前の予想を大きく上回る結果に、ざわつく報道陣。それを落ち着かせるように、38歳の寺内は言った。「自分たちが、抜群に良かったわけではない」。有力なペアが高難度の技に失敗したからこその順位。それを分かっていたがゆえに、進むべき道を見失わなかった。

 体格やパワーで海外勢に見劣り…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら