[PR]

(13日、高校野球三重大会 白山22―0鳥羽)

 2016年まで10年連続初戦敗退ながら、昨夏に甲子園初出場まで一気に駆け上がった白山が三重大会の1回戦に登場。下中の三塁打など一回だけで打者18人、14点を奪い、22―0(五回コールド)で鳥羽を下して連覇に向けて好発進した。昨秋の県大会は振るわず、冬場に走り込んで体力強化から進めてきた。2回戦の相手は甲子園常連校の三重。パルマ・ハーヴィー主将は昨夏優勝のプレッシャーを感じてはいるが、「自分たちの力を信じれば勝てる。今日の勝ちは忘れて、全員野球で戦いたい」。=松阪