[PR]

 日本海を見下ろす高台に、曲がりくねった田んぼが階段のように続く。「日本の棚田百選」に数えられる山口県長門市油谷(ゆや)の東後畑(ひがしうしろばた)地区。油谷には安倍晋三首相の父晋太郎さんや、祖父寛さんが眠る墓所がある。首相は施政方針演説で、農業振興策を語るくだりで「美しい棚田を次世代に引き渡す」と毎年のように話している。

 「風景はいいけど、年を取ったら大変なところ。もう少し力を入れて担い手対策をしてもらわんと、『かったるい眺めだな』となる日も近い」。黄緑色の稲が揺れる棚田で、永松泰(やすし)さん(83)はため息をついた。

 この春、作付けしたのは約2ヘクタールの半分ほど。体が年々思うように動かなくなり、田植えの準備時期にため池の工事も重なったためだ。水がなく、雑草が生えたままの棚田も目立つ。

 永松さんは1歳下の妻と2人暮…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース