[PR]

 2004年の集中豪雨で三条市や長岡市で15人が亡くなった「7・13水害」から13日で15年を迎えた。三条市では犠牲者を追悼する式典が行われ、参列者は水害から命を守る取り組みを続ける思いを新たにした。

 堤防が決壊した場所にある五十嵐川水害復興記念公園(同市諏訪1丁目)に国定勇人市長や地元住民ら約20人が参列し、決壊時刻の午後1時15分から1分間黙禱(もくとう)。慰霊の碑の前に設置された献花台に一人ずつ花を供え、手を合わせた。

 市によると、五十嵐川流域で亡くなった9人のうち、自力避難の難しい高齢者が多くを占めた。市は河川改修や防災無線の整備に加え、要援護者の把握の仕方を見直したり、自治会や民生委員らとの連携を強めたりして、地域ぐるみの防災に取り組んできた。

 今春、避難所や浸水予想区域を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら