[PR]

(14日、高校野球岐阜大会 大垣養老10―4本巣松陽)

 本巣松陽と大垣養老の対戦で、トリプルプレーがあった。四回裏、大垣養老は無死満塁で、渋谷和樹君(3年)の打球はセンターフライ。ところが、安打と勘違いしたのか、三塁走者に続き二塁走者も本塁を駆け抜けた。結局、捕球前に塁を離れており、トリプルプレーが成立した。