[PR]

 イランからシリアに原油を運ぼうとしていた疑いのあるタンカーを英領ジブラルタル自治政府が拿捕(だほ)した問題で、英国のハント外相は13日、イランのザリフ外相と電話で協議した。行き先がシリアではないとの確証が得られれば、差し押さえられているタンカーの解放に協力する考えを伝えたという。

 ハント氏が自身のツイッターで明らかにした。協議は「建設的」に行われ、英国側の懸念は「タンカーが運ぶ原油の出所ではなく行き先」だと明確に伝えたという。これに対し、ザリフ氏は「イランはこの問題の解決を望み、エスカレートさせようとはしていない」と語ったとしている。

 ジブラルタル自治政府は4日、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら