[PR]

(14日、大相撲名古屋場所 8日目)

 白鵬の体が一瞬、揺らいだ。土俵際に寄った時だ。正代のすくい投げで右上手が切れ、横向きにされた。すぐに向き直ったものの、今度は相手の引き技にバランスを崩しかけた。最後は何とか引き落としたが、万全な頃とは何かが違う。

 一言で言えば、ここ数日は相撲が雑だ。前日の大栄翔戦も捕まえきれずにはたきの連続。6日目の碧山戦は、時間いっぱいからなかなか腰を割らずに、仕切りが長引いた。余裕のある強さに陰りが見える。

 支度部屋の横綱は平静を装った…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも