[PR]

 大相撲の大関豪栄道が名古屋場所8日目の14日から休場した。右肩のケガで約1カ月の治療が必要とする診断書を提出した。7日目を終えて3勝4敗。師匠の境川親方(元小結両国)によると再出場しない考えで、9月の秋場所は8度目のカド番で迎える見込み。

 今場所は貴景勝、栃ノ心も休場しており、4大関のうち3人が不在となった。3大関の同時休場は2012年秋場所の琴奨菊、把瑠都(ばると)、琴欧洲以来。

こんなニュースも