[PR]

 国の文化審議会は19日、徳島県三好市池田町の刻みたばこ商家「中村家住宅主屋」と刻みたばこ工場など7件を、文化財建造物に登録するよう文部科学相に答申した。

 答申があったのはほかに、酒造を手がける「中和商店」の事務所、酒造蔵、仕込み蔵、杜氏(とうじ)宿舎、煙突の5件。

 県文化資源活用課や三好市教育委員会などによると、中村家住宅主屋は木造2階建てで、1891年の建築。内部には洋風の応接間がある。刻みたばこ工場も木造2階建てで、主屋と同時期の建築と推定されている。「刻みたばこで栄えた池田の様相を伝えている」と評価された。

 「中和商店」は中村家が手がけ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら