[PR]

 神戸市灘区の市立王子動物園で14日、本格的な夏を前にクマたちに氷がプレゼントされた。

 ホッキョクグマの「みゆき」(雌)には、肉や魚、果物が置かれた高さ50センチほどの氷の塊が用意された。同園によると、25歳ぐらいが寿命というが、みゆきは28歳。氷を倒して爪で引っかいたり、水中に潜ったりと喜ぶ「おばあちゃん」の様子に、来場者も歓声を上げた。広島市から家族旅行で来ていた小学2年の新久斗真君(7)は、「白クマは涼しそうで、やっぱり肉が好きだった」。

 雪山もあるクマ舎の前には、蒸し暑い中、人だかりができた。同園に毎週通う女性(53)は「みゆきさんは涼しげだったけど、見ている人は汗だく」と笑っていた。(五十嵐聖士郎)