[PR]

 判定そのものよりも、まずかったのではないかと感じたことがある。抗議を受けてからの審判団の対応だ。13日のサッカーJ1横浜マ―浦和戦。後半14分の得点だった。

 横浜マのFW遠藤が蹴ったシュート性のボールが、FW仲川の体に当たってゴールへ。仲川はオフサイドの位置にいたように見えたが、判定はゴールだった。

 浦和が抗議すると主審が副審と…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら