[PR]

 日本に滞在する中国人と日本人が東京・池袋の公園で自由に交流して言葉や文化を学び合う交流サロン「漢語角」が、通算600回目の節目を迎えた。宮本雄二・元中国大使は「こうした活動が日中の国民感情の改善につながることを願っている」と祝辞を述べた。

 「漢語角」は2007年8月、日中関係の本を出版する「日本僑報社」の段躍中代表が始めた交流活動。毎週日曜日に希望者が公園に集まり、自由に交流する。600回を数えた7月14日も様々な年代の会社員や学生など50人以上が集まり、さまざまな話題に花を咲かせた。

 会場では孔鉉佑(コンシュワンユー)・中国駐日大使の「この民間交流の機会を利用して、相互理解と親睦を深め、日中友好の発展に寄与することを希望しています」とするメッセージも読み上げられた。(高田正幸)

(あわせて読みたい)中国に大国の自信、日本好き初の4割超 「巧虎」大人気
訪ねた上海のお宅には、日本の絵本やおもちゃがズラリ。外交関係の改善だけでなく、構造的な変化が起きているようです。
(こんな記事も)新大久保駅で息子失った母の信念「韓国人は日本が好き」
2001年、JR新大久保駅で起きた痛ましい事故を覚えていますか。亡くなった韓国人留学生の母親は、日韓の架け橋になってきました。