[PR]

 福岡県粕屋町の須恵川で8日に町内の会社員村尾照子さん(38)の遺体が見つかった事件で、県警は14日、同町江辻、土木作業員古賀哲也容疑者(35)を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。「間違いない」と容疑を認めているという。殺人容疑も視野に調べる。

 捜査1課によると、古賀容疑者は6日夜、同町仲原の須恵川に村尾さんの遺体を遺棄した疑いがある。現場周辺の防犯カメラには古賀容疑者の乗用車とみられる車が何度も映っていたといい、県警が14日午前に任意同行し事情を聴いていた。県警は、古賀容疑者が犯行に車を使ったとみている。

 捜査関係者によると、古賀容疑者は調べに対し、村尾さんを待ち伏せしていたことをほのめかしているという。村尾さんとの関係は不明という。

 村尾さんは6日夜、町内のショッピングモールで夫と自転車を買い、夫と別れてファストフード店に立ち寄った。午後9時半すぎ、夫ら家族に注文を尋ねる電話をしたのを最後に、行方がわからなくなった。県警は自宅までの帰り道に襲われたとみている。

 村尾さんの死因は首を絞められたことによる窒息死。遺体が見つかった現場近くの畑には踏み荒らされたような跡があり、県警はこの畑付近で殺され、川に遺棄されたとみている。