[PR]

 なぜ女性議員が少ないのか――。そんな疑問を持った鹿児島の女子高校生が男女格差を研究し、後輩にも伝える取り組みをした。きっかけとなったのは、母親が体験した女性の社会進出を阻む「壁」だった。候補者男女均等法の施行後初めての参院選。21日の投開票を控え、政治への参加意識を持つ教育の大切さを改めて感じている。

 鹿児島県立甲南高の3年生、出石琴美さん(17)が1年間向き合ったのは「なぜ、鹿児島には女性県議が4人だけなのか」という疑問。4月の改選前の鹿児島県議会は定数51のうち女性が4人で、全国平均の10%(内閣府調べ、昨年12月時点)を下回っていた。

 英語の選抜クラスでの1年間の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら