[PR]

 中国の2019年4~6月期の物価の変動分を除いた実質経済成長率(速報値)は6・2%だった。1~3月期の6・4%を下回り、四半期の成長率としては比較可能な1992年以降、最低を記録した。市場は6・3%程度を予想しており、これを下回った。

 中国国家統計局が15日発表した。同時に発表された経済指標を見ると、今年上半期は消費や鉱工業生産、固定資産投資の伸びが昨年より鈍く、米中貿易摩擦が景況感を悪化させている影響が出ているとみられる。自動車や半導体の生産量は昨年より減少した。

 上半期の成長率は6・3%で、政府が立てた年間目標6・0~6・5%の中間に位置している。ただ、国家統計局の毛盛勇報道官は15日の記者会見で、「内外の経済情勢は依然、複雑で厳しく、世界経済、貿易の成長は鈍化している所があり、新たな下方圧力を受けている」と、米国との貿易摩擦などが経済成長に与える影響に警戒を示した。(北京=福田直之)