[PR]

(14日、テニス ウィンブルドン選手権決勝)

 伝統あるセンターコートは、歓声と悲鳴が入り交じった。試合開始から4時間57分。ジョコビッチの放ったバックハンドがフェデラーのラケットをはじくと、ついに試合が終わった。張り詰めていた緊張感から解放され、ジョコビッチの口元が少し緩む。派手に喜ぶ姿はない。それほど心身ともに消耗していた。

 通算48度目(ジョコビッチの26勝22敗)となった2人の対戦は、珍しい形で決着した。今大会から最終セットは12―12からタイブレークという新規定に。初体験を制したジョコビッチは「12―12でタイブレークというのも違和感があるし、まだ現実と思えない。最後はホッとしたというのが、正直な気持ち。これほど精神力を問われた試合は初めて」としみじみと語る。

 序盤から激しい打ち合いが続き、3セットでタイブレークまでもつれ込んだ。ジョコビッチは勝因に「精神力」を挙げる。

 世界ランキング1位のジョコビ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら