[PR]

(15日、高校野球西東京大会 日野5―4国士舘)

 西東京大会で15日、今春の選抜大会に出場したシード校の国士舘が、初戦で姿を消した。3回戦から登場した同校は、3点リードした六回、都立の日野から一挙5点を奪われて逆転を許した。七回に1点を返したが、4―5でゲームセットとなった。

 永田昌弘監督は「初戦に負ける時はこんなもん。打撃も走塁も消極的で、突き放しきれない間に試合の流れを相手に渡してしまった」と話した。

 一方、日野の放った12安打はすべて単打。嶋田雅之監督は「相手の外野守備が深いのを見て、選手はバットをコンパクトに振れていた。いい集中打だった」と評価した。(原田悠自)