[PR]

 松竹は15日、東京・銀座の歌舞伎座で公演中の「七月大歌舞伎」夜の部を、主演の市川海老蔵さん(41)が体調不良で休演のため中止した。復帰は未定。海老蔵さんのブログによると、急性咽頭(いんとう)炎で声が出なくなったという。

 海老蔵さんは夜の部の演目「星合世十三團(ほしあわせじゅうさんだん)」で13役の早替わりを演じていた。歌舞伎座によると、海老蔵さんは2、3日前から体調が悪かったという。

 16日は昼の部を上演し、海老蔵さんが出演する「素襖落(すおうおとし)」は市川右団次さん(55)が代演、「外郎売(ういろううり)」は代役を立てず演出を一部変更する。夜の部は中止する。