[PR]

(15日、高校野球山形大会 山形東6―3米沢工)

 米沢工の背番号18、須藤ジオ投手(1年)が三回からマウンドへ。左腕から右打者の内角低めへの直球が武器の「期待のピッチャー」だ。

 再三のピンチを招いたが、五回までは先輩たちの堅守にも支えられ、無失点に。しかし、六回に2四球や内野安打で満塁のピンチを招き、スクイズと犠飛などで3失点した。

 「バントなど小技をうまく使われた」と振り返る。ただ1年生ながら、夏の大会で登板したことは「良い経験になった。これからに生かしたい」と前を向く。

 名前のジオはギリシャ語などで「地球」を表す。祖父が「地球規模で活躍する男に」と名付けてくれたという。今後の活躍を誓った。(石井力)