[PR]

(15日、高校野球徳島大会 つるぎ1-0吉野川)

 吉野川は池本3兄弟がチームをもり立てた。エースで主将の長男光士郎君(3年)、1番打者で三塁手の次男圭士郎君(2年)、三男享士郎君(1年)は捕手で5番を打つ。

 この試合、得点圏に走者を出すと、享士郎君がマウンドの兄に駆け寄った。「落ち着いていこうな」の一言で、光士郎君はピンチを切り抜けた。八回、好機で打席が回った圭士郎君を、兄の主将は「つなぐ意識で」と送り出した。

 光士郎君が小学4年の時、少年野球チームに入り、弟2人も野球を始めた。兄を追うように高校に進み、夕食の時間は練習や試合の反省会になった。

 最後の夏を終えた兄に、圭士郎君は「練習でも先頭に立っていて頼もしかった」。享士郎君は「みんなでレギュラーで出られて楽しかった」。光士郎君は「弟2人がいて心強かった」とやりきった表情を見せた。(高橋豪)