[PR]

 福岡県粕屋町の会社員村尾照子さん(38)が殺害され、遺体が近くの須恵川に遺棄された事件で、死体遺棄容疑で県警に逮捕された町内の土木作業員古賀哲也容疑者(35)が殺害をほのめかす供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかった。県警は殺人容疑での再逮捕も視野に調べている。

 捜査1課によると、村尾さんは6日夜、自宅から約3キロ離れた粕屋町内のショッピングモールで自転車を買った後、1人で近くのファストフード店に立ち寄った。午後9時半すぎ、家族に電話をしたのを最後に、連絡がつかなくなった。遺体は8日昼前、同町仲原の須恵川で見つかった。死因は窒息死だった。

 捜査関係者によると、6日夜、現場周辺にある複数の防犯カメラが、何度も往復する白い軽乗用車を捉えていた。県警は福岡市東区の土木会社の社有車と特定。日雇いとして働いていた古賀容疑者が浮かんだ。

 古賀容疑者は、6日夜に村尾さんの遺体を遺棄したとして、14日に逮捕された。容疑を認め、「(村尾さんを)見つけ、車で後を追った。先回りして、待ち伏せをしていた」と供述しているという。遺体の発見現場近くの川べりで見つかった村尾さんの自転車の遺棄も認めているという。

 これまでの調べでは、村尾さん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら