[PR]

 岡山大会は15日と16日、1回戦計13試合があった。昨夏8強の興譲館は九回裏に一挙5点を挙げ、逆転サヨナラで倉敷を破った。甲子園出場経験のある岡山理大付も高梁に競り勝ち、初戦を突破。17日は1回戦7試合が予定されている。

双子対決「兄の分まで」

 強い日差しの戻ったマスカットスタジアム。両親は、いずれのチームのスタンドでもなく、バックネットの真後ろに座った。父の皓造(こうぞう)さん(48)は「どっちを応援すべきか複雑な気持ち」。校名入りのTシャツは着られず、無地の白いシャツを着用した。

 水島工のショートを守るのは木村亮君。倉敷鷲羽のショートは弟の脩君。背番号「6」を背負う双子の3年生が、高校入学後、初めて対戦した。

 試合は倉敷鷲羽がペースをつかんだ。五回裏には兄の悪送球も絡んで一挙に5点。6点リードの七回裏は、先頭の弟が中前にはじき返し、4打席目で初ヒットを放った。そして次打者の初球、兄のタッチをかいくぐり二塁への盗塁に成功。兄は「やるなあ」と感心せざるを得なかった。

 小学校から中学校までずっと一緒に野球をしてきた。誘ったのは兄。けんかばかりだったが、野球の話になると、不思議に相手の話がすっと心に入った。

 別々の高校に進み、野球を続けた。お互いに負けず嫌い。「いつか対戦してみたい」と思い続けた。

 「明日はどっちが本物か決めよう」。対戦前夜、自宅の庭で素振りをしながら、2人はそんな約束を交わした。

 七回表、兄の打球が弟のもとへ飛んだ。軽快にさばいた弟だったが、「気合が伝わった」と兄をたたえた。兄3打数無安打、弟4打数1安打。勝ったのは弟の倉敷鷲羽だった。

 試合後、兄は涙を見せずに言った。「悔しいけど、家族を甲子園に連れていってほしい」。その思いはもう弟に伝わっていた。「あいつの分まで、悔いが残らないように戦う」(華野優気、榧場勇太)