[PR]

 大津市の交差点で5月、右折車と直進車が衝突し、巻き添えで保育園児ら16人が死傷した事故で、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の罪に問われた右折車の運転者で無職新立(しんたて)文子被告(52)=大津市=の初公判が17日、大津地裁(大西直樹裁判長)であった。被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 起訴状によると、被告は5月8日午前10時15分ごろ、大津市大萱(おおがや)6丁目の滋賀県道交差点で、安全を確認しないまま時速約10キロで乗用車を右折させ、対向車線を直進してきた軽乗用車の右前に衝突。歩道の保育園児らの列に軽乗用車を突っ込ませ、園児2人を死亡させ、園児と保育士の計14人に重軽傷を負わせたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、買い物帰りの被告が、交差点で信号待ちしていた被害園児らを見かけ、直前に見た別の園児の集団と「同じ保育園ではないか」「別の方向に散歩に行くのか」などと考え事をし、注意力が散漫なまま右折を始めたと指摘。一方、軽乗用車を運転していた女性(62)は、止まると思った被告の車が右折を始めたため、とっさにハンドルを切ることしかできず、ブレーキを踏めずに車を暴走させたとした。

 検察側は、事故映像が収められた軽乗用車のドライブレコーダーの映像などを証拠として提出。また、交差点進入前に被害園児らを見かけ、「かわいいな」などと考えていたとする被告の供述調書も読み上げた。

 公判は量刑が争点になるとみら…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら