[PR]

(16日、高校野球山口大会 厚狭4―3山口)

 同点で迎えた延長十回、2死三塁。「大好きな先輩たちと1日でも長く野球がしたい」。厚狭の有馬滉雄君(2年)はそんな思いで打席へ向かった。

 小野又貢監督からは変化球を狙うようアドバイスを受けた。2球目。甘い変化球を見逃さず、左前適時打を放った。有馬君を先輩たちは抱きしめ、背中をたたいてねぎらった。

 厚狭は部員数が16人と少ない分、先輩と後輩が一丸となって戦えていると、主将の高山滉君(3年)は言う。「グラウンドの中では先輩後輩の関係なく声をかけあう」と有馬君が言えば、高山君は「主将の自分が苦しいとき、有馬は下級生をまとめ、支えてくれた。そんな有馬が決めてくれたのが一番うれしい」と喜んだ。(滝沢貴大)