[PR]

 「23歳の夏が最終期限と自分の中で決めていた。残るという選択肢はなかった」。サッカーのベルギー1部シントトロイデンへの移籍が決まったJ1鹿島FW鈴木優磨(23)が16日、心境を語った。鹿島にとってこの夏、日本代表選出経験のある若手が海外移籍するのは、安西幸輝、安部裕葵に続いて3人目。そんな異常事態にも、鹿島一筋17年の生え抜きの決意は揺るがなかった。

 鈴木は筋肉系のけがで今季は一度も試合に出ていない。それでも移籍へと突き動かしたのは焦りだ。

 「早く国際の(移籍)市場に乗らないといけない。もう遅いというぐらい。早ければ早いほど今はいい。(バルセロナに移籍した20歳の安部)裕葵を見て若いっていいなって思う」

 昨季、チームの主力に成長し、32試合に出場し、センターフォワードとして11得点。チームのアジア・チャンピオンズリーグ制覇にも貢献した。昨年11月、けがで辞退したものの、日本代表にも初めて呼ばれた。

 いくつかある獲得要請の中でシントトロイデンを選んだのは、日本代表MF遠藤航やDF冨安健洋の存在が大きい。2人は欧州でもまれることで急成長。「日本にいる時よりも明らかに成長しているし、あの舞台に行かないと一皮もふた皮もむけるのは難しい」と感じたという。日本企業が所有していることから、けがへの理解も大きく、出場機会を確保できると感じた。

 鈴木は小学1年生から鹿島の下…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら