[PR]

 参院選投開票日の21日に設けられる投票所の数は全国で4万7044カ所で、前回の2016年より858カ所減る。01年のピーク時より1割強少なく、6回連続の減少になる。人口減が進む地域で、投票所の設置に必要な人手が足りないことなどが背景にある。

 総務省のまとめによると、投票所数が増えるのは宮城、東京の2都県のみで、京都、鳥取の2府県は同数。43道府県は前回より減る。青森県は69カ所をなくして931カ所に。岐阜県は減少幅が最も大きい8・1%(66カ所)だ。

 旧自治省(現・総務省)は19…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら