[PR]

(16日、高校野球山口大会 下関商2―0下関西)

 「打ち過ぎ。やめてくれよ」。五回裏、下関西の遊撃手、舩木海斗君(3年)が、二塁走者の下関商の庄島大翔(ひろと)君(3年)に声をかけた。庄島君は塁上で思わず苦笑いした。

 2人は幼稚園が一緒で、小学3年から中学卒業まで同じチームで白球を追いかけた幼なじみ。舩木君が「庄島は頼りがいがあって一目置いている」と評せば、庄島君は県内屈指の進学校に進んだ舩木君を「海斗は野球と勉強を両立させて尊敬できる」と語る。

 互いに主将として迎えた最後の夏、思いがけず1回戦で対戦した。庄島君は三回と五回、低めの直球を振り抜いて右前安打。五回は敵失で1点目のホームを踏んだ。舩木君も五回、送りバントを決めて一塁走者を得点圏に進めたが、後続にあと1本が出ず敗れた。

 試合後のあいさつで、庄島君は舩木君に「ありがとう」と伝えた。舩木君がいたからこそ自分も頑張れた。そんな思いを込めた。舩木君は「次も絶対勝てよ」。切磋琢磨(せっさたくま)しあった良きライバルは、笑顔で肩をたたいて励ました。(山田菜の花)