[PR]

 シャープは業績に連動して年2回支給している賞与(ボーナス)について、四半期ごとの4回に増やす検討を始めた。戴正呉会長兼社長が16日、「業績のよしあしを感じていない社員がおり、信賞必罰を徹底するためだ」と報道陣に説明した。労使協議には入っておらず、実施時期も未定だという。

 シャープは2016年に台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入り、戴氏がトップに就いてからは「信賞必罰」を掲げている。賃金は、社員の役職などに応じて決まり、賞与は会社の業績に連動しつつ、個人や所属する部門の評価をもとに基本給の1~8カ月分まで最大8倍の差がつくしくみだ。

 賞与は夏と冬の年2回あり、今は夏の支給額が前年度の下期、冬は上期の業績に連動させている。戴氏はこれを年4回にすることで「信賞必罰」を徹底し、業績アップへの意識を高めさせたい意向だ。

 戴氏はまた、鴻海グループと共…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも