[PR]

(16日、高校野球群馬大会 高崎3―0館林)

 高崎の監督だった境原尚樹教諭が体調不良で緊急入院し、急きょ監督が交代して初めての試合。教え子たちが境原教諭に勝利をプレゼントした。普段通りの力を発揮して少ない好機をものにし、エース北爪魁(3年)が力投した。

 四回裏2死二塁。4番塚越竜一(3年)は打席で境原教諭の言葉を思い出していた。「リラックスして打て」。体の力を抜いて「右中間へはじき返そう」と思った。甘めの直球にスムーズにバットが出て、打球は狙い通り右前へ。貴重な先制打となった。「先生のアドバイスのおかげ。応えられてうれしい」と喜んだ。

 大隅昭彦新監督は、選手たちが意識しすぎて硬くなることを心配したが、杞憂(きゆう)ですんだ。「みな全力を出してくれ、よく守り切った」とねぎらった。

 宮石康佑主将(3年)は「『先生のために』との思いは内に秘めて、落ち着いてプレーができた。少ないチャンスを生かせた」と振り返った。(野口拓朗)