[PR]

 宝塚歌劇団の専科スター轟悠(とどろきゆう)が、キューバ革命の立役者チェ・ゲバラの半生を演じる。3年前に演じた米大統領リンカーンに続き、広く知られた歴史的人物での主演。「みなさんが知っている人物の根底の部分、心や精神を知りたい。そこを大事にして深みを見せられれば」と語る。

 月組公演「チェ・ゲバラ」のポスターは、宝塚では異色で目をひく。濃い赤色をバックに、軍服姿でベレー帽をかぶったひげ面の轟。ゲバラの有名な肖像写真と同様に、鋭く宙を見据える。

 「ポスターをご覧になられた方のご期待、ゲバラファンの皆さんの好奇心にこたえられるのか。のしかかってくるものはありますが、自分のペースで作っていきたい」

 ゲバラは、1928年、アルゼンチン生まれ。中南米への旅で貧困問題などを意識するようになり、フィデル・カストロとの出会いを経て、59年のキューバ革命で中心的役割を果たす。

 「宝塚がゲバラを取り上げてく…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら