[PR]

 妻を殺害しようとしたとして、滋賀県警は16日、同県米原市米原の無職、田部善一容疑者(86)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、発表した。妻は死亡し、県警は容疑を殺人に切り替えて調べる。田部容疑者は「腹が立って刺した」と容疑を認めているという。

 米原署によると、田部容疑者は16日朝、自宅で妻みどりさん(87)の首を包丁で複数回刺して殺害しようとした疑いがある。みどりさんと2人暮らしで、「妻ののどを刺した」と自ら110番通報したという。

 市によると、田部容疑者は2016年2月、「妻の物忘れがひどい。生活に支障が出てきている」などと市に相談。市はみどりさんを要介護認定し、みどりさんは自宅などで介護サービスを受けていた。田部容疑者もひざを痛め、18年6月に要介護の認定を受けたという。

 田部容疑者は「介護に疲れた」という趣旨の相談を市に何度もしており、先月14日には家族が市の担当者らと今後の支援について話し合ったという。(安藤仙一朗)