[PR]

(17日、高校野球奈良大会 高田10―0二階堂・吉野・山辺・高円)

 二階堂・吉野・山辺・高円のスタンドでは、高円の吹奏楽部員約60人と、二階堂の吹奏楽部員12人が一緒に応援歌を演奏していた。2校は奈良大会が開幕した13日、高円の校舎で初めて一緒に3時間ほど練習した。高円の光延健(みつのぶたける)君(3年)は「最初はお互いが遠慮がちだったけど、演奏したらすぐに一つになれました」。

 14日の連合チームの勝利後、二階堂の吹奏楽部長岩本由海(ゆうみ)さん(同)に、田増渉歩(たますあゆむ)主将(同)からLINEで「応援ありがとう。頑張れる」とメッセージが届いたという。岩本さんは「二階堂だけだったら、ボリュームが足りなかった。一緒に応援できてうれしいです」と笑顔で話した。(佐藤栞)