[PR]

 三重県鈴鹿市で昨年5月、解体作業員横山麗輝(よしき)さん(当時25)が絞殺された事件で、殺人と暴行の罪に問われた妻の横山富士子被告(46)=鈴鹿市=の裁判員裁判の初公判が17日、津地裁であり、富士子被告は起訴内容を認めた。

 起訴状などによると、富士子被告は昨年5月13日、当時交際していた上山真生受刑者(30)=殺人罪などで懲役14年の実刑確定=と共謀。横山さんの自宅で横山さんに暴行を加え、富士子被告が営んでいた鈴鹿市内の飲食店で横山さんの首を延長コードで絞めて殺害したとされる。

 検察側は冒頭陳述で、富士子被…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。