[PR]

(17日、高校野球島根大会 立正大淞南14―2益田翔陽)

 立正大淞南の6番・成相昇君(3年)が益田翔陽戦でサイクル安打を達成した。一回に右前打、三回に二塁打を放った勢いで五回には公式戦初の本塁打。六回は右中間を抜けた当たりを俊足を飛ばして三塁打にした。

 「最後はみんなが『狙え』と言うから思い切り振った。うれしかった」と振り返った。ミートのうまさはチーム随一。走者がたまった時に好球を見極めてしぶとく安打にする勝負強さがある。太田充監督が「打点を稼げるポイントゲッター」と評価する通り、大事な初戦で持ち味を見せた。(杉山高志)