[PR]

(17日、高校野球三重大会 桑名北2-1四日市農芸)

 試合順延の影響で、吹奏楽部やチアリーダーが応援に来られなくなった四日市農芸。代わりに、応援席では同校のラグビー部員がスタンドを盛り上げた。

 当初、1回戦には来ない予定だったが、「毎日同じグラウンドで練習し、泥まみれで頑張る姿を見てきたから」と伊藤優斗部長(3年)が顧問に頼み込み、午前中の練習を休んで全員で駆け付けた。

 最初は歌詞を見ながらしどろもどろだった応援歌も、五回には息のそろった大合唱に。「一緒に戦うつもりで、相手の応援に負けないよう声を出しました」(小松万希子)