[PR]

(17日、高校野球東東京大会 修徳2―1二松学舎大付)

 3連覇を逃した二松学舎大付の主将右田稜真(3年)は試合後、「(3年にとって)最後の夏なので、みんなで勝とうと話し合っていた。こういうつらい思いをしないようにと下級生に伝えたい」と涙した。

 一昨年と昨年に2年連続で夏の甲子園に出た同校は今夏もシード校として3回戦から登場した。三回裏に修徳の1番打者に2点本塁打を打たれて、追いかける展開になった。直後の四回表の攻撃で安打に敵失も絡んで1点を返したが、その後は好機に後続を断たれて得点できなかった。

 市原勝人監督は「3年生は『自分たちが打たなければ』と気負ってしまった。初戦は難しいが、こういう試合を勝たなければ優勝できない」と振り返った。=神宮(山田知英、小林直子