[PR]

 21日投開票の参院選は18歳から投票できる。現役の高校生も含まれるが、学校生活を送る中では政治を身近に感じにくい。模擬投票などを通じ、政治への参加意識を高める「主権者教育」が進められている。

 6月、京都府宇治市の立命館宇治高校。2年生の政治経済の授業で、杉浦真理(しんり)教諭(55)が参院選を念頭に「各党の主張を比べてみよう」と投げかけた。若者の政治参加を促すNPO法人「Mielka(ミエルカ)」のスタッフもサポートに入った。

 まずは6班に分かれ、憲法9条改正について、どんなイメージを持っているかを話し合った。続いて主な政党別に班の分担を決め、党の主張をインターネットで調べた。

 その上で、政党名を書くことを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら