写真・図版

[PR]

 夏風邪のシーズンが続いている。「夏風邪ウイルス」とも呼ばれるウイルスの感染が原因で、子どもだけでなく大人でもかかることがある。特に「手足口病」は全国で猛威をふるっており、専門家は「発熱などあれば早期の受診を」と注意を呼びかけている。

 6月下旬、大阪市に住む会社員ベイリー敬子さん(38)の生後10カ月になる息子の口に、水疱(すいほう)性の発疹が出来た。手足口病だった。手や足にはあまり症状はなく軽めだった。ところが、看病するうちに自分もかかってしまった。

 39度の熱が出て、口の中や手足に水疱性の発疹ができた。食器を洗う際、手にお湯があたり、針に刺されるような激痛が走った。お茶を飲もうとすると、口の中の発疹で「皮膚がめくれたひどいやけど」のように感じた。病院にも行ったが、痛み止めの薬などの対症療法しかなく、あまり効かなかった。

 敬子さんは以前、看護師として働いていた。それでも最初は、かぜだと思っており、手足口病だとは考えていなかった。「まさか自分がと油断していた。痛くて痛くてポロポロと涙が出た。つばをのみ込んでも痛いので、いつもぺっぺっとはき出していました」と振り返る。そんな状態が、数日続いた。

 この夏に感染した大人の患者を取材すると、「畳に座っていてしびれたときと同じような痛みの感覚」「足が痛くてヒールが履けなくなった」など、さまざまな痛みの声が聞かれた。

 感染症に詳しい和田小児科医院(東京都足立区)の和田紀之院長などによると、手足口病は2~7日の潜伏期を経て、発熱のほか、口の中や手のひら、足の裏などに、2~3ミリの水疱性の発疹ができる。約3分の1が発熱し、38度以下がほとんど。たいてい数日以内で治る。

 国内では5月中旬から右肩上が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら