[PR]

(17日、高校野球滋賀大会 甲西3―2草津)

 2点を追う草津の五回表、安打と2四球で満塁の好機に打席に立ったのは清水晶斗選手(2年)。内角高めの直球を遊撃手方向へ打ち、一塁に頭から滑り込んだ。その間に2人の走者が本塁にかえって同点となった。

 清水選手の打席をベンチで見守っていた控え捕手の東海賢斗選手(3年)は試合前、「何としても勝ってくれ」と伝えた。初戦に続いて出場機会はなかったが、登板を控えた投手の球をブルペンで受けながら、ベンチを盛り上げていた。

 七回に1点勝ち越されて競り負けたが、清水選手は「3年生のために何としても打ちたいと思った。あそこで粘れてよかった」と振り返った。

 草津の3年生は東海選手と黒田一成主将の2人。何度もやめようと思ったが、互いに励まし合って続けてきた。東海選手は「試合の悔しさを胸に刻み、自覚と責任をもって取り組んでほしい」と後輩たちに甲子園出場の夢を託した。(北川サイラ)