[PR]

 猛暑が続きビールの売り上げが伸びている韓国で、高い人気を誇ってきた日本のビールの売り上げが激減している。日本が半導体材料の輸出規制を強化したことで起きた日本製品の不買運動が響いている。

 韓国のスーパー最大手のeマートによると、日本が規制強化を発表した1日から16日までの日本のビールの売り上げは前月比で28・4%減少した。コンビニ最大手のGS25でも1日から2週間の売り上げが前月比で24・2%減り、代わりに韓国の国産ビールや他国からの輸入ビールの売り上げが伸びた。

 韓国では日本食が根付いてきたことを背景に、ここ数年で日本のビールの市場が急拡大。eマートによると、日本メーカーで最も売り上げが多かったアサヒビールは今年上半期、輸入ビールの売り上げで2位につけていたが、今月1~16日の統計では6位にとどまった。不買運動の広がりを受けアサヒビールはテレビCMの放映を見合わせており、アサヒグループホールディングス広報は「どこまで影響が続くか見通せず、情報収集を続けている」と話す。

 韓国の世論調査会社、リアルメ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら