【動画】トラブルで羽田空港に優先着陸したANA機=遠藤雅彦撮影
[PR]

 17日午後4時6分ごろ、羽田空港に向けて着陸態勢に入っていた大阪(伊丹)発羽田行きの全日空30便(ボーイング787型機)から、管制官に優先着陸の要請があった。同機は約5分後に着陸。乗客・乗員276人にけがはなかった。

 全日空によると、エンジンの潤滑油系統に不具合の可能性があることを示す表示が出たため、機長が優先着陸を求めた。不具合の可能性がある右のエンジンを止め、左のエンジンのみで着陸したという。同社が原因を調べている。