[PR]

 女子児童の下半身が映った動画をインターネット上にアップロードしたとして、県警は愛知県東海市の大学生(22)ら9人を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ公然陳列)などの疑いで書類送検し、17日に発表した。ほかにも、3人を送検する方針。

 少年課によると、大学生や高校生ら9人は昨年7月~今年6月、女子中学生の下半身が映った動画を投稿サイト「ユーチューブ」などにアップし、不特定多数が閲覧できる状態にした疑いがある。

 9人は東海市や北海道、福岡県などに住んでおり、お互いに面識はなく、女子中学生とも面識がないという。「ユーチューブのチャンネル登録者数を増やしたかった」などと容疑を認めているという。

 少年課によると、女子中学生は、若者に人気の動画投稿SNS「ティックトック(TikTok)」で複数の友人に限り、自ら撮影した動画を公開。その後、不特定多数が見られる状態でティックトックに動画が公開されており、他の動画共有サイトでもアップされていたという。