[PR]

 ヤマト運輸は17日、萩椿東センター(山口県萩市)の委託配達員だった男性(52)が、2004年から19年6月にかけて配達予定だったメール便1万3220通を配達していなかったと発表した。

 ヤマトによると、未配達のメール便は全国の723社が発送したもので、すべて男性の自宅から見つかった。男性は「業務量が多くて配達しきれなかった」と話しているという。今月2日、「システム上は配達完了になっているメール便が届いていない」と荷主から問い合わせがあり、発覚したという。