[PR]

 大津市の交差点で5月、右折車と直進車が衝突し、保育園児ら16人が死傷した事故で、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の罪に問われた新立文子被告(52)の初公判が17日、大津地裁(大西直樹裁判長)であった。閉廷後、被害者の弁護団が会見を開き、傍聴した被害者家族らの思いを語った。弁護団との一問一答は以下の通り。

 ――傍聴を終えた被害者家族の様子は

 検察官の説明を、冷静に受け止めていたように思う。被告の態度には疑問を持っていたが、落ち着いて聞いていた。

 ――被害者家族から、被告への…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら