[PR]

 参院選が21日に投開票され、5人が立候補した京都選挙区(改選数2)では自民党の西田昌司氏(60)が3選、共産党の倉林明子氏(58)が再選を果たし、現職2人が議席を占めた。立憲民主党新顔の増原裕子氏(41)は、同じく旧民主党系の国民民主党と一本化した候補者として選挙戦に臨んだが敗れた。政治団体「NHKから国民を守る党」新顔の山田彰久氏(38)、政治団体「オリーブの木」新顔の三上隆氏(88)は及ばなかった。当日有権者数は212万6435人。投票率は46・42%(前回51・16%)だった。