【動画】4K放送は暗く見える? テレビ2台並べて検証してみた=瀬戸口翼撮影
[PR]

検証 4K放送は暗いのか②

 2018年暮れに始まったBSの4K放送。高精細で美しい映像だとPRされてきたが、首都圏の個人電器店から朝日新聞に、ある情報が寄せられた。「複数の客から『4K放送は暗い』という苦情がきている」というのだ。

 取材を進めるうちに分かってきたのは、4Kテレビで見る番組がすべてが暗いわけではないということ。専用チューナーを付け、「4Kテレビで4K放送を見た」という視聴者の一部から「暗い」との指摘が出ているようだ。

 国内で出荷された4Kテレビ(チューナー内蔵型テレビを含む)は今年6月で累計約685万台。一方、チューナー(内蔵型を含む)や、ケーブルテレビ経由で受信できるセットトップボックスの出荷は約127万台にとどまる。単純計算で、じっさいに4K放送を見ているのは4Kテレビを持っている人の2割弱ということになる。東京五輪が1年後に迫り、4Kテレビの購入を検討している人や、すでに4Kテレビを持っていてチューナーを付けようか迷っている人は少なくないはず。「暗い」という指摘が本当だとすれば、その人たちのためにも、原因や対策を明らかにして広く伝えるべきだろう。

 そこでまず、4K放送と2K放送を見比べたらどんな違いがあるのか、情報を提供してくれた電器店の協力を得て実験することにした。

昨年末に始まったBSの4K放送が「暗く見える」との情報が朝日新聞に寄せられました。テレビの問題なのか、放送の問題なのか。原因と対策を追った取材の一部始終を6回のシリーズで伝えます。ご意見や感想は(keizai@asahi.com)にお寄せください。

条件を合わせ実験開始 結果は…

 実験は5月中旬、首都圏でおこなった。

 見比べる条件を合わせるために…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら