[PR]

 比例区では、社民党の吉田忠智・前党首(63)が当選を確実にした。党首として臨んで落選した2016年の参院選以来、3年ぶりの国政返り咲きとなった。朝日新聞の取材に「党首の時からやろうとしていた野党の連携を、私が要石となって進めたい」と述べた。

 昨年8月の立候補決定から、自治労の中で実質的に社民を支持する県本部がある地域を中心に活動。公示後はかつて県議を務め、党への支持が根強い大分県など九州での活動に力を入れ、「リベラル勢力の展望を切り開いていかなければならない」などと訴えた。