[PR]

(18日、高校野球千葉大会 東京学館浦安5―4東京学館船橋)

 東京学館浦安の投手陣が追いつかれながらも、勝ち越しを許さない粘りの投球を見せた。試合中盤までに牽制(けんせい)球で四つのアウトを奪い、流れを渡さなかった。

 一回表、四球と暴投で2死二塁の場面。先発の阿久津竜球君(3年)は遊撃手と連係して走者を刺し、ピンチをしのいだ。

 四回表は四球の先頭打者を一塁への素早い牽制球でアウトにした。2番手の吉川純弥君(3年)は五回表のアウト三つのうち二つを牽制球で取った。

 橋口孝司監督は投手陣に「練習しておけば、自分の投球の助けになるよ」と牽制の練習を促していた。

 一方、東京学館船橋は、相手打線を上回る9安打を放ち、四回と九回に2度追いつく粘りを見せた。それでも黒川敏行監督は「うちに勝ちが来なかった要因は牽制死。前に行く思いが強すぎた。勝つ流れが来なかった」と振り返った。=第一カッター(長屋護)